21:52:51
15

春〜

このところ冬逆戻りの寒さでしたが、、
気付けば3月もなかばですよ〜 どうしよう。(なにが)

そしてそして春と言えばわがびよら、HARUちゃん♪
この名の由来は、春生まれだから。
仕上がって受け取ったのは夏でしたけれど。

長い長い冬から一気に花が咲き乱れ、喜びにつつまれる、生まれ故郷の春。
季節にも、祝福されているかのようでしょ。
イメージソングはやっぱり、四季より「春」やろかね〜

先日少し弾いた後、拭きあげつつ改めてじっくり眺めておりました。
対面したときの感動を思い出しました。

ふと、
1本の木が年輪を重ねるところから、この楽器の命が始まっているんだと思いました。
どんな場所で、何を見てきたのだろうと。
そして、なんだか気が遠くなるのでした・・・。


そいえば、ちぇろくんの命名はどうしようと思いつつそのままになっていましたが。
ついについに。
このあいだ、お風呂でぼ〜っとしていてはたと降りてきた!

命名 Umi(海)

♪ちぇろは重いな大きいな〜

って以前歌っていたから。

ではありませんよ、決して!!
(でも後から思い出して、うん、そうだ、それも合ってるとは思った)

ちぇろの音は大きくてゆったりとした海を思わせます。
そう、包み込まれるような。
そんな音を奏でたい願いと、そしてやはりこの楽器の出自も。

製作地は日本で、海の見えるところ。
きっと海の音を聴いて育ったはずです〜

HARUちゃんもそうなのですが、私の場合、「銘」のイメージなのです。
だから、性別もない。

びよらは「HARU」
ちぇろは「Umi」

おお、春の海?

ゆったりゆったり、命ある限り、共に歩んでまいります。

0 Comments

Add your comment