21:42:54
07

蝶ネクでびゅ〜

ちぇろあんの本番終了〜
会場に早めに着いて、音出しと思っていたら、、
音出し厳禁になっていました。

出演者が大勢で、ケースも場所を取り、しかもチェロは椅子がないと弾けない。
そいえば小さな会場のため、昨年は要領のよいチームが場所を占領して、不公平な状況があったようです。

というわけで、うろたえつつも、ぶっつけリハ&本番となりました。
曲は、映画「ライムライト」より、エターナリー。

いろいろ事故もありましたが、やはりそこは大人、旋律のつなぎ目で合わせて崩壊回避!
冷や汗たら〜り。
とにかく今回は譜面が難しかったのです、でもその分本格的なアレンジ。
各パートsoloがあり、三度で絡み合って動くところ、そこらじゅうにあるrallentando&a tempo、などなど。

きっちり弾けたらさぞ映える1曲となるはず。(はず)

雰囲気だけでも、少しは出せたのだといいな。。

個人的には、、
最初はハイポジメロディがエベレストみたいに立ちはだかったのですが、何とか少し親しめた感じです。
うぇるなーは、あと5、6、7ポジのドリル練習が残っているので、そこでしっかり定着させたいものです。

作曲者チャップリンにちなみ、全員蝶ネクタイ(男性シルバー、女性ワインレッド)で出ました♪

ちぇろあんは、教室(楽器会社)の主催ではなく、系列店の先生方の自主運営で、もう10年以上続いているようです。
ちぇろだけの合奏は、ちぇろ弾きの格別なよろこびである、ということです。

ありがたや〜

2 Comments

たにつち  

ええのお

チェロだけでのアンサンブルって、独特のものあっていいですよね~
tomoさん、なんか、ずっぽしその世界に、、

古楽器のビョーキはどこへ行ったってっ感じですね~

2016/02/27 (Sat) 00:34 | EDIT | REPLY |   

tomo  

うひ

今日反省会(飲み会ともいう)で、先生もまじえて楽しくお喋りしてきました♪
もう来年何する?とかって、みなさま意欲的で、、
ユニット名もあったりするwので、抜けられない雰囲気ですよぉ〜〜

>古楽器のビョーキはどこへ行ったってっ感じですね~

ふっふっふ。
その席で自己紹介の時に、音楽遍歴?をみんな話したのですが、これから演奏してみたい楽器について熱く語ってきました!
老人ホームDEりゅーとの主張に、先生がすごく真面目な顔で頷いてくださってましたけど、もしや呆れていたのかしらん??

2016/02/27 (Sat) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment