20:05:20
20

最近の相変わらず

図書館に行く頻度がアップしてきました。
いろいろと派生して興味が広がり、楽しいものです。

600101.jpg
totto.jpg
kawabe.jpg

脈絡ないのもほどがある、
けど私の中ではいろいろ繋がっているからいいの〜

脈絡ないといえば、、
以前に万年筆のことを書きましたが、、
一度インクが出なくなって放置していたものを蘇生。
書き続けることが最良のメンテということで、日記(メモ)に使用しています。

今は3,000円くらいの細字を使っているのですが〜
(それでも無料ボールペン派からは冷たい反応なのよ〜〜、わかってないったら!)
もうちょっとよいものは、どんなかしら?とか。。
ちょっとあぶない方向へ行きそうなので、角度を変えました。

インクです!

ink.jpg

美しいボトルに入ったインクを見ていると、小さな幸せを感じませんか?
黒でもね、いろいろあるんですよ〜

・・・
・・・

共感は、得られにくいとは存じます、、。


そしてはたと、
カートリッジのインクはあっというまに使い切るけど、これはどうなんだろう?
と不安になりました。
まあ、簡単に腐るものではないとは思うのですが。

やっぱり新鮮な方がいいのかな?
遮光した方がいいのかな?

インクを多量に消費する方法として思いついたのが、

ペン字をやってみようかと!

これには伏線となる出来事が。
一昨年友人を亡くした時に、ご両親にお手紙を差し上げたのですが。
長文の想い出だったので、失礼をお詫びしつつパソコンで、、

そうしましたら、なななんと鳩居堂の和紙の便箋に、太字のインクで達筆なお返事が!

!!!!!

ちょっとした、カルチャーショックでした。
すごいわ、お父様。。


翻りまして自分はというと。
毛筆は、母がちょっとかじっていて、私も子どものころ習いました。
でも、中学生で当時「変体少女文字」などと言われた筆跡の影響を受けてしまい。
高校時代の友人に全国大会で優勝した人がいて、彼女のノートに衝撃を受け、たいへん憧れたものの、、矯正できず。
(今は書道のお師匠さんになってますよ〜)

今も人前で文字を書くのは恥ずかしい。

そしてその後の人生で、行書?草書?が読めたらなあと思うことが何度かあって。

万年筆とインクをきっかけに、そんなふうにずるずると繋がって、「ペン字をやってみようかな」になったというわけ。
ボールペン字じゃなくってよ、ペンなのよ、そこ大事。

遍歴人生Part2?

それとも三日坊主??

そうならないように、ここに書き付ける次第デス。

ていうか、まだ始めてもいないのですが。w

考え中。

0 Comments

Add your comment