22:08:22
29

発表会でした*

数店舗が集まっての、弦楽器の生徒だけの発表会。
3部制で、私は一番最後の組で夕方からのスタート。
朝から余裕で?バラ園を見に行って、お昼に練習して出かけました。
以前の教室では朝から夜まで一日中拘束されてたけど、この方式は助かります〜

ただし。
リハーサルは一切なし。
9番前の人が終わったら客席から出て、音出し部屋で5分ほど練習、チューニング。
舞台袖で数名の演奏を聴き、いきなり本番となります。
でも、全員が同じ条件なのでそこは割り切ることができます。
一度経験すると、イメトレもできる感じです。

さてさて。
前回は、弾き始めた音の響きが耳に入った瞬間「弓が緩んでいるような」感覚に襲われ、ちょっとしたパニックに陥ったのでした。
ホールの音響に対応できなかった、という感じでした。
今回はまた別の初めてのホールでしたが、弓もちゃんと確認。
先に他の生徒さんと演奏した先生が、「教室のスタジオで弾いている感覚で、自分の音も相手の音もよく聞こえるし、響きもいいですよ」との前情報を教えてくださったので、安心して弾けると思いました。

舞台に出て行き、椅子の高さも位置も納得いくまで調整。

ちぇろは、これをちゃんとやらないと、演奏が始まったらもう修正は不可能。
違和感の中で弾かなくてはなりません。
これも去年の反省をふまえました。

所々外したり、指が空回りした箇所は、まあ予定通り。(笑)
そして最終楽章後半、先生の通奏低音が応援のように聞こえ、
これはクーラント、楽しいダンスだということを思い出し、
自然に身体が動いて「楽しい!」の一瞬が。

4箇所の合図もしっかり伝わり、そこも達成感につながりました。

もちろん、まだまだ課題は嫌になるほど一杯ありますが、、
でも、本番の演奏でこんな気持ちになれたのは初めてかも。

前の経験が生かされたことが、何よりでした。
あと、バラ園に行ったのがよかったのか?(違)

また心を新たにがんばろう、そう思える発表会になりました〜

160529_1633~01


演奏した曲はこちらです。


0 Comments

Add your comment