archive: 2016年07月

夏のはじまり

No image

7月最後のレッスンの日、関東も梅雨が明けたようです。8月前半は2週続けてやすみなので、次回はお盆明けになってしまう。夏休みの宿題と練習方法なども、しっかり持ち帰らねば。三度分散。他のエチュードでハイポジばかりやっているためか、1ポジに降りても指幅が広がらず、音程が不安定になっている。「この人はなぜこうなるのか」をいつも考えてくださいます。頭のよい人だな、と毎回感じます。音程を正確にするためには、い...

あちらを立てれば

No image

「分散三度はコツがつかめてきたようですね!」やっと、、さて問題の7ポジ。目をつり上げて、肘もつり上げて、必死の形相、、痛いし。何とか5段めまで弾き終えると。「あの・・・左手は合格ですけど、右手どうなってます?」ん?弓を持つ手の親指がすごいコトになっていました、、とほほ。痛みは、タコができるまでの辛抱とのこと。他の指もそうですからね、、「だんだん、チェロ弾きの手になっていくんですよ!」「指先のお肉が...

ハイポジの森

No image

ずっと「う〜〜ん、もう1週!」と言われ続けた分散、やっとこさ合格でした。今日は(珍しく)自信あったの〜数少ない響きポイント(開放弦が共振するとこ)を確実に響かせ、その指との関係で指幅を「目視確認」して次の音を押さえる作戦。今まで曲などに追われ、耳に頼って何となく弾いていたので反省です。「自分の音感を信じちゃいけないよ、使える手段は全部使って正しい音程を目指すように」とは、最初のばよりんの先生の言。...

引き継ぐもの

先日のレッスン覚書その2。Kummerは、1st、2ndが交互にメロディ、伴奏を引き継ぎながら流れていきます。メロディは1st先行。生徒1stのメロディを、先生は踏襲して弾いているけど、生徒は先生の伴奏を踏襲できていない。聴けていないから、伴奏に回ったとき同じ流れで弾けない。そか、伴奏も引き継がなくてはいけないのだ。表に出る旋律にばかり必死になっていました。ところで〜フィギュアのまおちゃんが、次のエキシビション...